ジェネレーティブデザイン 車載製品ブラケット

車載製品の機能と造形の効率的な開発を目指し、形状最適化技術(トポロジー最適化)を活用した意匠事例です。
設計要件からシミュレーターにて自動生成した形状を元に、デザイナーが製品造形として再解釈を加えることで、従来手法では生まれ得ない「骨のような有機的な形状」と、高機能性(高強度、耐振動)を両立させています。

プロジェクトマネージャー : 松井 洋樹
プロジェクトリーダー : 牧 直

- Works -