DN-DST-010

今後急速に進展する自動運転技術において、システムの正常作動確認の重要性が高まっています。
現状国内においては、自動運転機能を有する次世代車両の大容量Ethernet規格のデータを扱える故障診断機は存在しません。自動運転技術を開発するデンソーがいち早く次世代車両に対応する故障診断機を開発することで、事故のない快適な移動を楽しめる安心安全な車社会の実現に貢献します。また、今後故障診断のニーズはディーラーや整備工場だけでなく、中古車販売店やガソリンスタンドなど車に関わる幅広い領域に拡大することが見込まれます。それにより、これまでの整備士に特化したプロフェッショナルユースから、一般のユーザーにおける使用を想定した親しみやすく信頼できるツールを狙い本製品をデザインしました。

2019年グッドデザイン賞
プロジェクトマネージャー 生駒知樹
プロジェクトリーダー 岡本陽
デザイナー 南角昌輝

- Works -