革新的バイオセンシングへの取り組み

新型コロナウイルスをはじめ様々なウイルスやバイオマーカーを検出するための試験装置です。

将来的に、かかりつけ病院など地域での感染症対策実現も見据え、デンソー独自開発の迅速・高感度な検査技術を誰でも簡便に扱える機能性とイメージを作ること。新たな感染症や他産業への応用に向けて、研究者のアイデアを柔軟に反映できることをビジョンとして伝えることがデザインの課題でした。

そこで、ピペッティングや遠心分離機など専門技師に限られた作業や他の機器との併用を廃した、必要な試薬を並べるだけの検査工程をわかりやすくレイアウト。また、容易に試薬の種類や順序を変更でき、処理工程が常に見えていることで、安心して試行錯誤を行えるプラットフォームを実現しました。

2022年 グッドデザイン賞
プロジェクトマネージャー:森 敏史
プロジェクトリーダー:星田 浩貴
デザイナー:細川里美、森川堅斗

- Works -